厳選 上級品[A-019] 【市場直送便】土佐まほろばトマト/1.5K

■フルーツトマト生産地
園芸王国高知県の栽培するフルーツトマトは全国でも認知度が高く、高知県の名産品の中でも人気の一つです。
フルーツトマトの主な生産地は、高知市春野町、南国市、香南市夜須町、吾川郡仁淀村などです。  

東西に長い高知県ですが、ほぼ中央に集中して生産されています。
南国土佐、特有の温暖な気候と風土によって、程よい酸味をもった奥の深い味わいのある高糖度なトマトが栽培されます。  

弊社では、その中でも特に高品質で秀でた味をもったフルーツトマトだけを選りすぐり、「土佐郷ブランド」、「市場急送便」として美味しさと健康をお届けします。
南国市 土佐まほろばトマト
■土佐まほろばトマトの由来
県庁所在地、高知市の東に隣接する南国市は、高知県のほぼ中央に拡がる一大穀倉地帯です。高知県第二の都市でもあり、空の玄関、高知龍馬空港があります。

また、国分寺をはじめ白鴎時代の寺院跡や延長8年(930年)土佐国司として来任した、「土佐日記」で有名な紀貫之の邸跡が伝えられているように、歴史、文化的遺産が数多く残る、土佐の古都として「土佐まほろばの里」と呼ばれています。

全国的に日照時間が長いという南国土佐特有の気候と風土をいかし、ハウス園芸が盛んな地域で、この地で栽培されるフルーツトマトを「土佐まほろばトマト」と呼んでいます。
■減農薬の完熟フルーツトマト
「土佐まほろばトマト」は南国市のベテラン農家の方達が本当のトマトの美味しさを求め、有機肥料を用いて土壌を改良しました。トマト原産地である南米高原地の気候と同様にできるだけ水やりを控え減農薬で栽培し、トマト本来の持つ甘味と豊かな風味を持った完熟フルーツトマトです。
南国ハウス風景 とまと販売所



■南国市 「土佐まほろばの里
国府の碑 貫之邸跡 古今集の庭
国分寺 国分寺の境内に咲く「ぼたん」 県立歴史民俗資料館



 
■トマト健康豆知識
トマトには多くのリコピンが含まれます。リコピンとはカロテノイドという赤い色素の中の一つでカロテンの仲間です。トマトの赤い色の正体はこのリコピンなのです。
赤色が濃いほど多量のリコピンを含んでいます。

<リコピンの抗酸化作用>
体内で粘膜や組織を傷つけ生活習慣病を引き起こす原因ともなる活性酸素を除去する働きをもっており、そのパワーはBカロテンの2倍、ビタミンEの100倍にも相当します。

■トマト保存方法/徳谷・フルーツトマト
新鮮でかためのものは常温(15〜20度前後)の涼しい場所で保存します。 トマトは追熟するので青みが残っている場合は常温でしばらく保存すると、酸味が酸味がやわらぎ、果肉も赤くなり甘みが増してきます。完熟したトマトはラップをするかポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存してください。


■美味しいトマトの見分け方
美味しいトマトとは糖度がただ高いだけのトマトではありません。
やはり、糖度を引き立てる酸度とのバランスのとれたトマトです。
トマトのお尻の先端の星マークとそこからスジが放射線状に出ているトマトが甘味が強く美味しいとされています。


■トマトの歴史
ペルー、ボリビア、チリ北部にかかる「アンデス高地」がトマトの原産地とされ、インカ帝国においては既に栽培が行なわれていたとの事です。 日本に渡って来たのは、17世紀頃で、江戸時代の絵師である、狩野探幽がトマトを描いています。

商品名 : 厳選 上級品[A-019] 【市場直送便】土佐まほろばトマト/1.5K

商品コード : A-019

価格 : 4,320円(税込)

容量:1.5Kg 販売時期:1月中旬〜5月下旬 配達方法:4月よりクール便

数量 :